植毛して薄毛を改善できる方法は複数ある。その違いは?

薄毛にコンプレックスを持っている人の改善方法としては、市販されている育毛剤やシャンプー、またはAGA治療を受けられる病院に通うことで治療薬を処方してもらう方法があります。それらの治療法で高い効果が得られなかったときには、植毛という方法を試すことも可能です。植毛とひと口に言った場合であっても、頭皮に直接的に髪の毛を植え込む種類によって人工毛のものと、自毛植毛に分けることができます。人工毛の場合には、ナイロンやポリエステルなどのような合成繊維によって作られた毛となります。手術では植え込む髪の量であったり、長さを利用者が自由に決めることが可能で、1回だけの施術を受けることで髪の毛を増やせる方法となります。人工毛は頭皮に埋め込む形となることから、身体に異物と判断される可能性があり、そのためにトラブルが起こることも考えられます。人間の身体には免疫機能があり、異物を外部へ追い出そうとする機能があることから、抜けやすいというデメリットがあります。人工毛を植え込んだときには、ボリュームを維持するために年間において数回のメンテナンスを受ける必要がある点も特徴となります。頭皮に植え込んだ付け根の部分が切れてしまったときには、頭皮の中に人工毛が残ってしまうことになり、細菌に感染してしまったり、化膿の原因となることも考えられます。これらのトラブルを軽減させる方法が、自毛植毛と言えます。薄毛の原因がAGAであるときには、男性ホルモンのジヒドロテストステロンによって髪の毛が薄くなってしまうことが考えられますが、AGAの影響は側頭部や後頭部には現れにくいと言われています。男性ホルモンの影響で抜けにくいことがわかっている、側頭部や後頭部の髪の毛を採取して、薄毛の部分に移植します。移植を行った髪の毛を定着させることができれば、その毛根は一生涯にわたって生え続けるので、抜けた場合であっても通常のヘアサイクル通りに再び生えてきます。自毛植毛のメリットとしては、メンテナンスをしなくても良い点があります。また、自分の髪の毛を移植していることから、頭皮が異物と判断して拒絶反応を起こさない点も大きなメリットになります。手術を受けてから1度髪の毛が抜け落ちて、術後3か月から4か月ほどの期間が経過してから産毛が生えてくることになりますので、髪の毛が増えた実感が得られるまでには10か月から1年ほどの期間が必要な点がデメリットと言えます。

アクセス数の多い増毛・植毛

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】アイランドタワークリニック無料相談
>公式ページを見てみる

【植毛】FUERS植毛センターカウンセリング予約
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる日数が知りたい!