植毛とは?-現在の植毛技術について詳しく知りたい!

薄毛や髪が無くなってしまった場合には、育毛や増毛、また植毛といった対処法が広く用いられていますが、中でも植毛は医療クリニックで専門の医師による医療行為による方法となります。植毛とは、頭皮に直接毛を植え込んでいくことで髪の悩みに対処をする方法となり、大きく、人工毛を利用する方法と自毛による方法の2つがあります。人工毛による植毛は、日本独自の施術方法として知られており、ポリエステルやナイロンなどでできた人工毛を頭皮に植え込んでいくことで髪の毛を増やしていく方法となります。自毛植毛と違いドナーの採取が必要ないために好きなだけ髪の量を増やすことできるというメリットがあり、髪の長さに関しても自由に作ることができるために1回の手術で希望に沿ったヘアスタイルに仕上げることが可能となっています。デメリットとしては、かつてに比べ製品的には自然毛に近くはなっているものの、どうしても違和感を感じてしまう場合もあり、また、体の免疫システムが働くことによって、場合によっては抜けやすいという難点があります。そのために、状態を保持するためには年に数回の植毛が必要となることもあり、移植をした部分に汚れが溜まることによって雑菌が繁殖しやすいというデメリットもあります。自毛植毛に関してはいくつかの方法が知られていますが、現在では主に、毛根からの抜き方となるFUE、縫合法となるFUTがその代表となっています。自毛植毛では、自分自身の髪を採取し、それを薄毛の部分に移植をしていくことで対処をする方法となります。ここでは移植をすることによって髪が定着をした場合には、生涯にわたって髪が残ることになり、万が一抜けてしまったとしても、毛根があるために、また、発毛サイクルによって髪が伸びていくことになります。自毛では、自分の髪であるために通常のメンテナンスをするだけでよく、自分の髪を移植するために他から見ても全く違和感がないことが大きなメリットとなります。デメリットとしては、自分の髪の毛の採取を行った上で手術を行うために、広い範囲に対して一気に行えないことがあり、そのために、植毛面積によっては数回にわたって手術を受ける必要が生じる場合もあります。また、利用されているFUE方法やFUT方法には、それぞれに特徴があり、例えばFUE方法では全て人の手で行う場合や医療ロボットを使用する場合、また、FUT方法ではメスを使用してドナー採取を行うなど、方法によっても違いがあります。そのために自毛植毛を行う場合には、よく手術内容な術後の効果に関して理解をした上で判断をすることが大切なことになります。

アクセス数の多い増毛・植毛

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】アイランドタワークリニック無料相談
>公式ページを見てみる

【植毛】FUERS植毛センターカウンセリング予約
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる日数が知りたい!