後頭部や側頭部の毛が薄くなっても植毛できる?

植毛を行う部位で最も多いのは、頭頂部や前頭部、生え際などの男性ホルモンの影響を受けやすい部位に移植を行う人がほとんどですが、中には後頭部や側頭部などの毛が薄くなったときも移植できるのかと疑問を持つ人もいるかもしれません。ただ、基本的にその部分は薄毛になりにくい部位であるといわれています。薄毛の原因は、男性ホルモンのテストステロンが5αーリダクターゼという還元酵素によってジヒドロテストステロン変わり、それが男性ホルモン受容体と結合することで脱毛因子を生成して薄毛が進行していくのですが、後頭部や側頭部などはもともと男性ホルモン受容体がなく、ジヒドロテストステロンも生成されにくいので薄毛になりにくいのです。また、後頭部や側頭部に植毛を使用と思っても、植毛するには移植するドナー採取が必要となります。男性ホルモン受容体がある頭頂部や前頭部の髪の毛を採取して移植しても、また男性ホルモンの影響を受けると考えられるのでまた薄毛が進行することもありますので手術自体にあまり意味がないとされます。結論から言うと、後頭部や側頭部の髪の毛はめったに薄くなることがないので植毛に関してあまり考えなくてよいということです。けれども、頭頂部や前頭部に髪の毛を移植するのは限界があり、最大で10000~13000本の移植が本数の限界だと言われています。もし、限界数を超えた本数を移植すると移植した髪の毛がうまく定着せず抜け落ちてしまったり、非常に狭い範囲にし移植のあとが残ることにより炎症を起こしてしまい発毛の妨げになることが考えられます。加えて、薄毛の進行状態があまりに深刻な場合にはその分移植するドナー採取がたくさん必要となるので、十分な密度にできるかという問題が上がってきます。いくら男性ホルモンの影響を受けにくいからといって何も薄毛対策をせずにいれば、いずれ後頭部や側頭部の髪の毛も薄くなっていくことがありますので、移植手術をしたいときに十分なドナー採取が確保できないことになれば手術自体ができなくなることも考えられます。植毛手術自体に薄毛の進行を抑制させる効果や自身の髪の毛の発毛速度を促進させるような作用もないで、患者さん自身でAGA対策を行っていくしかないのです。それだけでなく、禁煙やアルコールを控える、あるいは規則正しい生活や栄養バランスのとれた食事など、薄毛が手遅れになる前に日頃から髪に良い生活を送ることが薄毛対策として重要となってくるのです。

アクセス数の多い増毛・植毛

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】アイランドタワークリニック無料相談
>公式ページを見てみる

【植毛】FUERS植毛センターカウンセリング予約
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる日数が知りたい!