植毛手術の種類と術後の経過などまとめ※初めての植毛

植毛は非常に発毛効果が高い方法で、今度こそ本気で自分の髪の毛を生やしたいと考える人にとって有効な方法と言えます。移植する際の手術法には、大きく分けて2種類の方法があります。手術というと、必ずメスを使って切開汁ものだと考えている人が多いかと思われますが、もちろんメスを使用した方法もありますが、メスを使用しなくても移植できる方法もあるのです。まず、メスを使用して切開していく方法はFUT法、あるいはスリット法とも呼ばれ、頭頂部などの広範囲の薄毛の植毛手術に適している方法です。男性ホルモンの影響を受けにくい、後頭部などの髪の毛を、皮膚ごと帯状に切開していきますが、これは移植するドナー採取を作るために行われるもので、切開して切り取る範囲も薄毛の進行状態によって異なってきます。帯状に切り取った皮膚片を、今度はいくつかの株に分けていきます。髪の毛が数本束になったものを株と呼び、それを薄毛が進行している部位に小さな切込みを入れながら埋め込んでいくのがFUT法、スリット法と呼ばれる手術法です。高等美にできた帯状の傷は上下の皮膚を縫合していきますが、傷跡が回復しても白く残ってしまうのが難点です。一方、メスを使用しないで行う方法はFUE法、ダイレクト法などと呼ばれ、特殊なチューブパンチを使用していく方法です。FUT法のようにメスを使用せず、直接頭皮からチューブパンチでドナー採取を採っていき、移植したい部位に小さな穴を開けて株を埋め込んでいきます。切開をしないので傷跡が残りにくく、かさぶたができても回復が早いのが特徴です。また、株分けする際に時間がかかってしまうとドナー採取がダメージを受けてしまうので生着率が悪くなることが考えられますが、FUE法なら株分けせずにそのまま吸引採取していくので株にダメージを与えることなく移植できるので生着率が高くなるというメリットがあります。ただ、ドナー採取をするときに、その部分の毛をいったん短く刈り上げてから採取する場合があり、そうなるとその部分の髪の毛が生えてくるまで時間がかかるのでクリニックで隠すためのヘアシートやウィッグを作る必要ができてきます。クリニックによっては、髪を刈り上げなくてもドナー採取してくれるところもありますので、事前のカウンセリングで相談するかあるいは刈り上げずにFUE法を行うクリニックを探してみるのも一つの手段です。植毛業界シェアナンバーワンのアイランドタワークリニックは、刈り上げせずにFUE法を行うアイダイレクト法を採用していますので、一度無料カウンセリングで話を聞いてみるのも良いのではないでしょうか。

アクセス数の多い増毛・植毛

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】アイランドタワークリニック無料相談
>公式ページを見てみる

【植毛】FUERS植毛センターカウンセリング予約
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる日数が知りたい!