植毛の種類は大きく分けて2種類あります。【解説】

植毛はプロペシアやミノキシジルといった発毛薬の次に発毛効果が高いことで知られている薄毛改善法ですが、大きく分けて2種類あることをご存知でしょうか。まず一つめの種類は、自毛で行われる移植法です。男性型脱毛症の多くの原因とされる、男性ホルモンの作用を受けにくい部位である後頭部や側頭部から、自分の健康な髪の毛を採取して、それを薄毛が進行している部位に移植していく方法で、ほとんどの植毛クリニックではこの自毛による移植法が主流です。採取した毛はもともと自分の細胞だったものなので頭皮に移植しても拒否反応が少なく、定着率が90%以上と非常に高いことが特徴です。ただ、発毛を実感するまでには個人差がありますが3~4ヶ月、完全にふさふさに生えてくるまでには6ヶ月から1年ほどかかり、術後の過ごし方によっても発毛具合が異なってくるので手術を受けたからと安心しきっているとなかなか発毛しないこともあるので注意が必要と言えます。タバコの喫煙やアルコール摂取を控えて、不規則な生活習慣の改善などを行うことで発毛効果が良くなるので移植手術後は発毛の妨げにならない生活を送っていくことが重要になります。一度発毛してしまえば、その後は毛周期を繰り返しながらほかの髪の毛と同じように普通に生えてくるので、メンテナンスが不要なのもメリットの一つです。一方、2つ目の種類は人工毛を使用して行う移植方法です。多くの大手メーカーで行われている増毛法と違うのは、増毛法は自毛に人工毛を結び付けたり編み込んだりしていくのに対し、植毛は頭皮に人工毛を植え付ける方法です。しかし、人工毛は化学合成繊維でできているため頭皮が拒否反応を起こすことが多く、うまく定着せずに抜け落ちたり頭皮が炎症を起こすなどの皮膚トラブルが多いのであまり有効な方法ではないとされています。加えて、頭皮が拒否反応を起こした後はアイスピックで刺したようなへこんだ傷跡ができ頭皮ががちがちに硬くなってしまうので、薄毛を改善する方法としてはリスクが高いとも言えます。ヨーロッパや日本を含めたアジアではまだ行われていますが、アメリカではトラブルが相次いだこともあり現在は行われていません。また、人工毛の場合植毛後に1~2年ほどでほとんど抜け落ちてしまうので、定期的なメンテナンスを必要とします。このように、一口に植毛といってもこれだけ違いがありますので、自身がどちらの方法で移植手術を行っていきたいかよく考えてから無料カウンセリングで相談するのが良いでしょう。

アクセス数の多い増毛・植毛

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】アイランドタワークリニック無料相談
>公式ページを見てみる

【植毛】FUERS植毛センターカウンセリング予約
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる日数が知りたい!