自毛なら散髪に行っても植毛がバレることはない

自毛を利用する手術ならば、散髪に行ってもそのことがバレることはありません。植毛に関しては、近年では自毛を中心とした手術が行われており合成繊維を利用した人工的な毛髪を使った手術は行われていないことが普通です。人口的な毛髪も自然な形で相手に対して増毛を見せることが出来ましたが、自毛と異なって劣化が始まればそれで終わりなので一時的な増毛効果しか得ることが出来ないことに難点がありました。そのため、近年の植毛では患者の髪の毛を手術用のドナーとして活かすことによって新たに髪の毛を再生させることを考えたわけです。自毛による植毛が魅力なのは、仕上がりがものすごく自然な形で自由な髪型にできることと、一度頭皮に定着した後は絶対に周囲に髪の毛を増やしたことを知られることがないことです。人工毛のように合成繊維を使った場合には頭皮に定着してもその髪の毛が成長することはまずありませんが、自毛で手術をすると手術をした髪の毛が成長を始めますので、この成長した髪の毛をきちんと育てていくと非常に綺麗で強い髪の毛を作ることができるようになるわけです。自毛を移植するときのポイントは、移植した後にも髪の毛が成長できるように生きた状態で頭皮からドナーを採取することにあります。生きた状態でドナーを採取した後は、切り取った頭皮ごと髪の毛の薄い部分に移植することになりますので手術をしてからしばらくは洗髪などが出来ないことを知っておく必要があります。実際に手術を受ける人の多くは、日常生活を仕事をしながら過ごしている人型違反なので、職場に行く時などは頭皮に対して余計な刺激を与えないように気をつけなくてはなりません。基本的に、洗髪をすることができるようになるのは手術が終わってから数日後であるので、タイミングをきちんと考えて頭皮のケアをしていく必要があります。ドナーを自身の頭皮から採取するときには、頭皮の環境によっては出血をしてしまうこともありますのでその点に関しても医師からしっかりと説明を聞いておきましょう。結局、手術をしてからしばらくは頭皮の環境のことを考慮して何も出来ないので、手術をうけるときにはできるだけ数日間は何もしない時間を確保しておくことが重要です。そして、一定期間が経過して無事に髪の毛が伸びているのが確認できた時には既に頭皮に髪の毛が定着していることを意味しますので、ヘアスタイルを変更するために散髪に行って全く構いません。

アクセス数の多い増毛・植毛

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】アイランドタワークリニック無料相談
>公式ページを見てみる

【植毛】FUERS植毛センターカウンセリング予約
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる日数が知りたい!