植毛とプロペシアの併用って大丈夫?

植毛は発毛効果が高く、一度手術を受けて発毛してしまえば増毛やかつらのようにメンテナンスの必要がなく、一生涯自分の髪の毛として扱うことが可能です。薄毛を抑制するのに有効であるプロペシアは、男性ホルモンに作用することでその効果を発揮しますが、継続して飲み続けないと効果が持続しないことが特徴です。移植手術を受けた後、プロペシアやミノキシジルといった発毛薬を服用した方がいいのか質問する人は多く、それだけ多くの人が発毛に不安を感じていることの表れなのかもしれません。植毛は発毛効果が高いことで知られていますが、手術後にショックロス現象という一時的に脱毛してしまう症状があらわれることがあります。その現象によって不安になったり、せっかく手術を受けたのに失敗したのではないか、あるいは手術を受ける前は普通に発毛薬を服用していたのに急にやめてしまうことでのリスクや発毛作用が悪くなることがないのかと不安に思う人は多いのではないでしょうか。プロペシアは服用した人の90%に有効であり、個人差はありますが服用から3ヶ月経つと抜け毛が減ったことが感じられ、半年後には発毛実感が得られることでも効果が高いことがわかります。また、いくら植毛手術を受けたからといってそれで終わりではなく、やはり術後の生活によっても発毛作用は異なってくるので、発毛薬を術後に服用することで、ショックロス現象の発生率も下げられることが期待できるかもしれません。特に、m字の薄毛に悩んでいるけれどまだ初期段階の人は、植毛よりもプロペシアやミノキシジルといった発毛薬で薄毛の進行を食い止める方が有効だとされています。ただ、発毛効果に関してはプロペシアなどは現状維持でとどまってしまい生えてこないところは生えないままですが、植毛であればもう生えてくることを期待できない部位であっても再び生やすことが可能になる方法と言えます。つまり、移植手術を受けた後もできることなら発毛薬を利用して発毛効果をアップさせることが良いのではないかと考えられるのです。服用に関しては手術を受けたクリニックで指導を受けるのが望ましいでしょう。また、発毛薬の購入法は輸入代行サイトよりもきちんとクリニックでの処方が望ましいとされています。海外輸入ものの発毛薬は日本人の体質に合ったものでない可能性が高く、医療機関で処方される薬に比べて濃度が高く体に影響する副作用も強く出る恐れがありますので、日本の医療機関で処方してもらうようにするのが良いとされます。

アクセス数の多い増毛・植毛

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】アイランドタワークリニック無料相談
>公式ページを見てみる

【植毛】FUERS植毛センターカウンセリング予約
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる日数が知りたい!