植毛|抜け毛がひどい時には自毛植毛がおすすめです

若い年代のうちから抜け毛が多いときには、AGAである可能性が高いです。AGAとは男性ホルモンによって抜け毛が増えてしまう症状で、生え際や頭頂部が薄くなる一方で、後頭部などには髪の毛が残る特徴があります。AGAを発症している場合には、専門的なクリニックに通うことで治療薬の処方を受けることが可能ですが、最低でも半年以上の治療が必要であると言われています。AGAによる抜け毛を克服したいときには、植毛という選択肢もあります。治療薬の服用を試すにも通院することができなかったり、試した結果として効果が得られなかったときには、植毛の手術を受けることで、直接的に髪の毛を増やすことが可能です。最近主流となってきている方法は自毛植毛で、治療が受けられるクリニックが増えています。人工毛を移植する方法も選択することが可能ですが、自然に体にあるものではない、ナイロンやポリエステルなどの素材を使用した髪の毛を植えることになりますので、細菌が入ってしまったりアレルギーなどの問題が懸念されます。一方で、自毛植毛では自分の髪の毛として生えているものを採取して、薄い部分に植え込む方法となることから、アレルギーなどの問題を心配する必要がなくなります。手術を受けることを検討しているときには、クリニックごとに採用されている方法が異なることに注意しておく必要があります。主な手術の方法としては、メスを使って頭部を切り取ることで毛髪の採取を行うFUT法や、移植用の毛髪を採取する医療機器を使用して、くり抜く形で採取を行うFUE法があります。どのような手術の方法を採用しているのかについては、クリニックごとに違いがありますので、カウンセリングなどを受けて確認しておくことが大切です。FUT法では毛髪単位の髪の毛の束であるグラフトの採取をして、移植することで髪の毛のボリューム感を出すことができます。FUT法は定着率が高いことで知られており、手術を受けなければなりませんが日帰りすることが可能です。後頭部をメスを使って切る手術を行いますので、傷跡が残ってしまうことが考えられる点がデメリットとなります。FUE法は医療機器であるパンチを使用して、ドナーの採取を行いますが、多くのドナーを採取するためには時間がかかってしまうことから、1回に行える移植の数は限られていると言われています。クリニックによっては電動パンチを使用することで、1回の手術によって大量のドナーの移植が可能なところもあります。

アクセス数の多い増毛・植毛

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】アイランドタワークリニック無料相談
>公式ページを見てみる

【植毛】FUERS植毛センターカウンセリング予約
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる日数が知りたい!