植毛手術は何年もつのか※長~く持ちをよくしたいなら

増毛やかつら、ウィッグなどの薄毛の改善法には寿命があります。かつらやウィッグなどはあらかじめいくつか作って使い分けることで数年長持ちすることもありますが、だいたい3~4年ほど経つと作り変える時期になります。増毛法においては、それぞれ増毛を行っている井雲サロンによっても寿命は異なってきますが、自毛に結び付けたり編み込んだりした人工毛は自毛自体の毛周期によって一緒に抜け落ちてしまうので、抜け落ちた分の定期的なメンテナンスが必要となります。つまり、増毛やかつらはメンテナンスをしない限り半永久的なものではないということになります。それでは植毛においてはどうでしょうか。移植手術後は何年もつのか気になるところです。植毛には、大きく分けて人工毛で行う移植法と自毛を利用して行う移植法があります。人工毛の場合、移植した人工毛はやはり自分の細胞ではないので頭皮が拒否反応を起こしてかぶれや炎症を起こすことが多く、1~2年ほどで抜け落ちてしまいます。そのため、人工毛による植毛は定期的なメンテナンスが必要になりますので、この方法も半永久的ではありません。では、自毛による植毛は何年もつのでしょうか。自毛による移植法は、後頭部や側頭部などの男性ホルモンの影響を受けにくいとされる部位から健康な髪の毛をドナー採取として採り、それを薄毛が進行している頭頂部や生え際などに埋め込んでいく方法です。たとえ男性ホルモンの影響を受けやすい頭頂部や生え際などに移植しても、ドナードミナンスという法則により採取した部位の性質を受け継ぐので移植後は健康な黒々した髪の毛が生えてくることが期待できます。術後3~4ヶ月ほどすると産毛のような毛が生えてきて、半年から1年ほどするとふさふさの十分な長さにまで伸びてきます。その後は、周辺の髪の毛と同じく毛周期を繰り返しながら自分の髪の毛としてずっと生えてきて、生えてしまえばもう自分の髪の毛と同じですから術後のメンテナンスなども不要になります。つまり、自毛植毛による効果は半永久的に続くといえます。ただ、手術したことで安心しきってタバコの喫煙やアルコールの摂取が頻繁になったり、栄養バランスの悪い食生活や不規則な生活をしていると髪の毛に十分に栄養が行き渡らずに発毛しなくなる可能性も考えられます。術後の生活を規則正しく健康的なものにすることによって、移植した髪の毛がずっと元気に生えてくるかどうかは生活改善をしてまでも自分の薄毛を改善したいという気持ちがどれだけ本気かということにもかかってくるので、油断しないように過ごすのが望ましいといえます。

アクセス数の多い増毛・植毛

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】アイランドタワークリニック無料相談
>公式ページを見てみる

【植毛】FUERS植毛センターカウンセリング予約
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる日数が知りたい!