自毛植毛で毛根を採取して移植します。※自毛だから自然♪

最近は薄毛について、AGAという言葉を良く聞くようになってきています。AGAとは男性型脱毛症のことを指す言葉ですが、男性ホルモンと還元酵素が結合することによって、薄毛や抜け毛が出てしまう症状となります。AGAを治療するためには様々な治療法がクリニックで行われていますが、そのうちの1つとして植毛の方法があります。従来までは人工毛を植え付ける方法が多かったと言えますが、現在では自分の髪の毛を植え付ける方法も登場しています。自毛植毛では側頭部や後頭部あたりの毛根を採取して、薄毛の部分に植え込んでいくことで髪の毛を増やします。側頭部や後頭部に生えている髪の毛は、AGAの原因となる男性ホルモンの影響を受けにくいと言われており、活発な毛乳頭細胞が多く残っています。一般的にはこの部分の毛根を、メスで切り取る手術を行って採取して、移植する方法を採用しているところが多いです。メスで切り取る必要があることから、後頭部の部分などに手術の跡が残ってしまう問題があります。また、薄毛になっている部分が広範囲の場合には、移植のために切り取る部分が大きくなってしまうことから、植毛ができないケースも考えられます。自毛植毛の手術を受けられるクリニックによっても、採用されている方法が異なってきますので、事前に情報を集めておくことが重要です。手術方法としてはメスで切り取る手術を行うFUT法と、移植する毛根を採取するときにパンチを使用してくり抜く手術を行うFUE法があります。FUE法ではパンチという医療機器を使用して、医者が1本ずつ毛根を採取していくことになりますので、手術に要する時間がかかってしまうことが考えられます。高度な技術が必要となってくることや、大量に移植が出来ない点も問題点として挙げられます。高い支持を受けているクリニックでは、FUE法を発展させて大量の移植を可能としているメガセッションの手術を行っているところもあります。i-ダイレクト法であれば、メスを使用しない移植の手術となることから、後頭部に傷跡が残る心配がなくなります。手作業ではなく電動パンチを使用してドナーの採取を行うことから、手作業での手術と比較したときには短い手術時間で治療が行えます。時間を短くできることによって、多くの移植をした場合であっても患者の身体への負担を減らせるメリットがあります。手術回数も1回で終わることが考えられますので、何度も手術を受けずに済む点も人気が高くなっているポイントになると言えます。

アクセス数の多い増毛・植毛

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】アイランドタワークリニック無料相談
>公式ページを見てみる

【植毛】FUERS植毛センターカウンセリング予約
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる日数が知りたい!