植毛とミノキシジルの服用について

植毛手術を受けたら、もうそれで何もしなくても良いと考えてはないでしょうか。確かに発毛効果が高く、一度手術を受けて発毛してしまえばその後は自分の髪の毛として扱うことができますし、メンテナンスも必要はありません。しかし、手術をしたからとって髪の良くない生活や発毛の妨げになるような行為を続けていては、発毛したくても発毛できない可能性が高いのです。たとえば、睡眠不足や不規則な生活、好きなものばかり食べる偏った食生活などは髪の良い習慣とは言えません。うまく髪に栄養が行き渡らなくなって植毛をしたのに思うように発毛しない可能性もあります。また、タバコの喫煙やアルコールの摂取なども発毛の妨げになる行為です。タバコに含まれるニコチンは、血管を収縮させて毛細血管の血流が悪化するのでやはり頭皮に栄養が行き渡らなくなります。アルコールの摂取によって、本来なら髪のいくはずの栄養がアルコール分解のために肝臓などで多く使われると、髪のまで栄養が回らなくなることもあるのです。そのため、確実に発毛をしたいのであれば術後の生活に注意して過ごすことが必要となってくるのです。植毛手術を受けてから1~2ヶ月ほどするとショックロス現象といって一時的に移植した髪の毛が脱毛してしまうことがあります。これは、次に新しい毛が生えてくるために準備段階に入ったことでもあるのですが、一気に抜けてしまうと手術に失敗したのではないかと不安に思う人もいるかもしれません。この現象は必ず起こるわけではないのですが、起こりにくくするためにもミノキシジルなどの発毛薬を服用することで回避できる可能性もあります。移植手術をしたのに発毛薬を飲む必要があるのかと思われるかもしれませんが、植毛はもう生えてこない部位にまた再び発毛させる効果はありますが、移植するだけはやはり発毛を促すことはできません。また、薄毛の進行を止める作用もないので、できるならミノキシジルといった発毛薬のほかに、薄毛の進行を抑制するプロペシアなども一緒に服用すると良いでしょう。植毛手術をした人に限らず、これらの発毛薬を使用して発毛自体を促す対策をしている人は多くいます。ただ移植手術を受けるだけではなく発毛薬や生活改善など、多くのことを考えながら発毛を促すことで移植手術をした効果もアップする可能性も高くなるので、面倒だと思わずにしっかりと心がけて過ごしていくことをおすすめします。

アクセス数の多い増毛・植毛

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】アイランドタワークリニック無料相談
>公式ページを見てみる

【植毛】FUERS植毛センターカウンセリング予約
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる日数が知りたい!