自毛植毛手術においてのレーザーの使用について

レーザーといえば、美容クリニックでの脱毛において使用されることが多く、美容整形の手術においても多用されることがあります。基本的に医療行為に当たるので医療従事者でなければ使用ができないことになっていますが、以前は植毛においてもレーザーを使用して手術を行っていた時期がありました。FUT法と呼ばれる方法で移植を行う際に、小さな切込みを入れて埋め込んでいくのですが、その時に使用されていました。しかし、現在はメスで直接医師が切り込みを入れたり、メスを使用しないFUE法ではホールという小さな穴を開けて埋め込んでいく方法が主流となっています。すべて手作業で行われるので時間がかかり、使った方が早いと思われますが、なぜ使用されることがなくなったかというと、発毛に影響するようになってきたからと言われています。自毛植毛で移植を行った場合、移植した周辺や毛穴の毛細血管の働きが重要になってきます。その毛細血管が酸素や栄養を移植した髪の毛に送ることで発毛しますので、それがうまく働いてくれないと成長がストップしてしまいうまく生着しない可能性もあるのです。レーザーで切り込みを入れることでその毛穴の毛細血管が熱によって焼け焦げて死んでしまうので、結果的に血液が回ることなく遮断されるために発毛どころか生着率も悪くなってしまったのです。例えば、医療脱毛においても毛根を破壊してしまうために永久脱毛という効果が得られることからも分かるように、それだけ出力が強く周辺の組織や毛穴の毛細血管を殺してしまうので、植毛の世界においては失敗のもととなってしまうというわけです。脱毛の政界ではメリットであることが植毛の世界ではデメリットになるのですね。このため、現在専門クリニックで行われる手術の際にはレーザーで切り込みを入れる行為は行われていないところがほとんどと言えます。しかし、あまり患者さんが少なく医療技術が進歩していないクリニックにおいてはいまだに使用していることも考えられるので、もし手術を受けることを検討しているクリニックがレーザーの使用をするようであれば、そのクリニックでの手術は受けないようにして別のクリニックを選ぶことが無難といえます。植毛は費用も高額であり発毛までも時間がかかるので、手術を受けたことを後悔しないためにも、クリニックを選ぶ際には手術費用の安さなどで安易に選ぶのではなく慎重に選んでいくことが大切となってきます。

アクセス数の多い増毛・植毛

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】アイランドタワークリニック無料相談
>公式ページを見てみる

【植毛】FUERS植毛センターカウンセリング予約
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる日数が知りたい!