植毛|薬で効果を得られなかったら自毛植毛がいいかも

最近増えている薄毛の症状の原因として、AGAと呼ばれるものがあります。AGAは男性ホルモンと還元酵素が結合することによって、薄毛や抜け毛が増えてしまうもので、専門的な医療機関を受診すればAGA治療薬を処方してもらえます。ただし、AGA治療薬の効き目には個人差がありますし、効果を実感できるようになるまでは半年ほどの期間にわたって、継続的に服用しなければならないと言われています。短期的に髪の毛を増やす効果が得たい人であったり、AGA治療薬を服用した結果として満足できなかったときには、新しい薄毛の改善法として植毛という選択肢もおすすめできます。最近は植毛の手術を受けられるクリニックが増えており、自分に合わせた方法を選択できることで注目されています。人工毛を使用するものと、自分の髪の毛を抜き取って移植をする自毛植毛の方法に分けることができます。人工毛は体質に合わなかったときには抜けてしまうことや、アレルギーなどの問題もありますが、自分の髪の毛を移植する場合であれば、拒絶反応などのリスクはないものと考えられています。治療を受けられるクリニックには、様々な手術方法を採用しているところがあります。世界的に一般的な方法として認知されているものは、FUT法となります。FUT法は毛包単位で髪の毛を採取して、薄くなっているところに移植する手術を行います。顕微鏡を見ながら移植の手術を行っていきますので、医者の高い技術力が求められますが、仕上がりの良さや自然な髪の毛と区別がつかないという特徴があります。FUT法による手術を行ったときには、5時間から7時間ほどで手術が終わりますので日帰りもできる方法と言えます。くり抜き用のパンチと呼ばれる医療機器を使用して、移植用の毛根をくり抜いて植え込んでいく方法をFUE法といいます。FUE法では熟練の医者が手術を行った場合であっても、採取できるドナー数に限りがありますので、1回に植毛できる量は限定されると言われています。一般的なFUE法による自毛植毛を受けるときには、広範囲での治療はできませんので、少量のドナーで行える移植を希望する人向けの方法となります。高い評価を受けているクリニックとして、アイランドタワークリニックがあり、i-ダイレクト法という独自技術を導入しています。i-ダイレクト法はFUE法を発展させた方法と言えるものですが、電動パンチを使用することで手術にかかる時間を短縮しており、1回の手術で高密度の移植を実現している方法として人気があります。

アクセス数の多い増毛・植毛

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】アイランドタワークリニック無料相談
>公式ページを見てみる

【植毛】FUERS植毛センターカウンセリング予約
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる日数が知りたい!