植毛|後頭部からドナーを採取して植毛をする

植毛手術というのは、すべての症状に対して万能的に利用することが可能な手術というわけではありません。特定の症状に対しては非常に有効な手術として力を発揮することができるのですが、その他の抜け毛の症状に関しては他の治療法で治療していくことがベストになりますのでその点をしっかりと理解しておくことが重要になります。そして、こうした植毛で治療することができる症状は一般的にAGAと呼ばれており、男性ホルモンを起因としたかなり特殊な抜け毛の症状のことを意味します。AGAは男性型脱毛症という名称の略称なのですが、男性型脱毛症は薄毛の進行の仕方が他の普通の抜け毛の症状とはかなり異なっています。本来、抜け毛が進行するときには全体的に髪の毛が薄くなっていくことが普通なのですが、男性型脱毛症が進行するときには特定の頭皮の箇所だけ髪の毛が抜けていくようになりますので、一部の部分だけは髪の毛が残るようになります。例えば、髪の毛の薄毛が進行している人の中には頭頂部がバーコード状になっている人がいます。こうした薄毛の進行の仕方は男性型脱毛症の特徴で、後頭部や側頭部に関しては他の箇所とは異なって多くの髪の毛が残ります。そして、近年行われている自毛植毛というのはこの部分で残っている髪の毛をドナーとして利用することによって増毛する手段のことを言うのです。男性型脱毛症の患者は特に後頭部に多くの髪の毛を残していますので、この部分からドナーを取って薄毛の部分に移植するとより強い髪の毛を発毛させることができるようになります。なぜこれで強い髪の毛を作ることができるようになるのかというと、男性型脱毛症の脱毛作用でも抜けない後頭部の髪の毛は、抜け毛の作用に対してものすごく強い耐性を持っています。こうした耐性のある髪の毛を積極的に移植すれば、今度配色されたこの髪の毛を元にして髪の毛の発毛が起こりますので、新しく生えてきた髪の毛は抜け毛にとても強い髪の毛になるわけです。男性型脱毛症を治療する方法としては、専門的な薬を服用して男性ホルモンを弱くする方法があるのですが、自毛植毛はこうした薬を利用した男性ホルモンの減少を促さないので身体に対する副作用がものすごく小さいというメリットがあります。植毛をした後であってもそれが移植された髪の毛であるということを周囲の人に気づかれないので自然な形でヘアスタイルを決めることもできるようになるのです。

アクセス数の多い増毛・植毛

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】アイランドタワークリニック無料相談
>公式ページを見てみる

【植毛】FUERS植毛センターカウンセリング予約
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる日数が知りたい!