植毛|自毛植毛の種類とここが注意!知れば安全!

自毛植毛は、男性ホルモンの影響を受けにくい後頭部や側頭部などからドナーを採取して、薄毛を治療する方法です。そのメリットは、自分の髪の毛で移植するため、拒絶反応はなく、生着率が95%ととても高い確率で手術を成功させることができ、また、一度施術をすれば、あとは普通の髪と同じようにシャンプーをしたりすることができ、また、毛周期に合わせて、髪が伸びたり、抜けたりするため、病院などでの診療などは必要ありません。また、植毛した髪は、元々あった部分が白髪になるタイミングで同じように白くなります。この現象をドミードミナンスと呼びます。この効果によって、周りが白髪になったからといって、黒く浮いてしまうということはありません。自毛植毛の種類には、毛包範囲で移植するFUT、直径1ミリ前後のパンチを使って毛根をくり抜くFUE、サイズの違う数種類の針を使用し、穴開けと植え込みを両方行うニードルなどがあります。ただし、即効性は、毛周期という発毛サイクルに合わせて定着して、発毛を始めるまで結構期間がかかってしまうため、その間はかつらなどを利用する必要があります。自分の髪をドナーとして使うため、一度に移植することができる毛髪の量に限りがあり、人によっては2回以上施術をしないと希望に近づけることができないという場合には、ドナーとして使う頭皮の状態が回復するまで待ち、再度手術をする必要があります。手術後は、定着するまで注意しなければいけない点がいくつかあります。定着するまでの期間とは、手術が終わってから2週間ぐらいです。まず、洗髪をする場合には、翌日からすることができますが、施術した部分にはシャンプーを使わず、弱いシャワーや霧吹きなどでやさしく湿らすだけにとどめ、それ以外の部分は、刺激の弱いシャンプーなどで軽く洗うくらいなら大丈夫です。手術後一週間がたったら、シャワーを当てて十分にぬらしたあと、指の腹で洗います。この時期には、瘡蓋が出始めるため、爪などで無理に剥がしてはいけません。その他の部分には普通のシャンプーを使うことができます。手術後は、1週間は、アルコールやタバコは押さえる必要があります。タバコには血管を収縮させる作用があるため、定着率に悪影響を及ぼしてしまう場合があるため、その期間は控えることが大切です。植毛をした後は5日目以降から、ウォーキングや軽いサイクリングなど、一週間後は普通の運動をすることができますが、頭をこするような動作は一ヶ月は控える必要があります。

アクセス数の多い増毛・植毛

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】アイランドタワークリニック無料相談
>公式ページを見てみる

【植毛】FUERS植毛センターカウンセリング予約
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる日数が知りたい!