植毛と増毛法の比較をしてみよう

薄毛を改善する方法は様々存在し、どの方法を選ぶかは効果やその人の好みにもよりますが植毛と増毛においてはどちらの方がメリットが多いのか比較してみましょう。まず、植毛は人工毛による移植と自分の髪の毛を利用して行う移植法があります。人工毛の移植は頭皮が拒否反応を起こすことが多く1~2年ほどすると抜け落ちてしまうなどメリットが少ないので、現在は自毛を利用した移植法が主流となっています。男性型脱毛症の原因である男性ホルモン受容体のない後頭部や側頭部などから健康な髪の毛を皮膚ごと採取して、それを薄毛が進行している頭頂部や前頭部に移植していく方法です。一度手術を行って発毛するようになれば、その後は自分の髪と変わらないので周囲の髪と同じく毛周期を繰り返していき、定期的なメンテナンスの必要はありません。しかし、発毛実感できるまでには3~4ヶ月、ヘアスタイルを自由に楽しめるようになるまでには半年から1年かかるので、即効性を期待したい人には向かない方法と言えます。また、移植本数にも限界があり、12000~13000本が限界でそれ以上を超えてしまうとうまく発毛しない可能性があります。一方、増毛法と比較してみると、こちらは増やしたい本数だけ増やしていくことが可能であり、すぐに髪のボリュームを増やしたい人に効果的な方法です。薄毛が重度に進行している人や、それほど進んでいない軽度な人にでも有効な方法であり、自毛に人工毛を結び付けたり編み込んだりして髪のボリュームアップを図ります。それ以外に、人工毛が移植された極薄のシートを頭皮に張って増やしていく方法もあり、かつらやウィッグと違い外れる心配がなく装着時の違和感や日常生活の過ごし方においても自毛と変わらないくらい普通に過ごせるのが特徴です。ただ、一度の施術で永遠に保てるわけではなく、自毛の毛周期によって結び付けていた人工毛が取れてしまったり、自毛が伸びることによって不自然なヘアスタイルになることが考えられるので、1~2ヶ月に一度定期的なメンテナンスが必要となります。その髪のボリュームを維持したいのであれば、ずっと継続してメンテナンスに通わなければならないため、費用がかかります。そして、自身の毛を発毛させることはないので、もし自分の髪の毛を生やしたい場合にはほかの薄毛改善法を同時に行っていく必要があります。このように、植毛も増毛も薄毛を改善するという点では非常に有効な方法ではありますが、メリットがあればデメリットも存在します。どちらが自分のニーズに適しているのかよく考えから検討するようにしましょう。

アクセス数の多い増毛・植毛

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】アイランドタワークリニック無料相談
>公式ページを見てみる

【植毛】FUERS植毛センターカウンセリング予約
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる日数が知りたい!