植毛にかかる費用は移植範囲によって違うらしい…!

植毛は、薄毛で悩んでなかなか改善しない人にとって、もう一度生えてくるチャンスを与えてくれる発毛効果の高い方法です。しかし、効果が高いということはそれだけ費用も高くなる、という難点もあります。実は、植毛は移植する範囲によって費用が変わってくることをご存知でしょうか。植毛にかかる一般的な費用は、基本手術費用と、移植する本数を足したもので換算されます。基本手術費用はどれだけ広範囲の移植手術になって基本的には変わりませんが、移植する本数が多くなると全体的な費用も高額なることがあります。たとえば、まだそれほど重症ではないけど、最近生え際の抗体が気になるから何とかしたい考える薄毛の人がいたとします。いわゆる、M字の薄毛が進行しているけれど比較的軽度な薄毛の人、M字1型さんは最も少ない移植本数で済むことが多いです。クリニックの密度や手術内容によっても異なりますが、薄毛の初期型のM字1型の人の場合、植毛に必要な本数は1000本程度になり、費用は65万前後で済むことが多く、これは植毛手術の中でも最も安く済む費用だとされています。M字の剃りこみが頭頂部にまで及んでいるもう少し進行した薄毛であるM字2型の移植本数は、だいたい3000本が必要で、その場合に必要な費用は130~160万ほどかかるといわれています。また、M字がさらに進行して頭頂部にまで及び、上から見るとCの形に見える全体的に薄毛になったいわゆるC型の薄毛の人は、最も多く移植本数を必要とします。クリニックによっても異なりますが、6000本ほど必要となるため、その分費用も高額なるのです。では、費用を抑えたかったら薄毛の状態が深刻でも移植する本数を少なくすればいいのではと考える人もいるかと思われます。移植手術をしたときに大切なことの一つに密度があります。日本人の平均の1平方センチ当たりの密度は160本と言われていて、それ以上減らしてしまうと髪と髪の間に隙間ができて全体的に薄い印象になってしまいます。1平方センチ当たりの密度を保って移植を行わないと、せっかく手術をしたのに頭皮が十分なふさふさな状態にならず、また再手術を行わなければならなくなる恐れもあります。薄毛の進行が進んでいる人の場合は数回に分けて手術を行うこともありますが、その分また費用を捻出する必要が出てきます。このように、薄毛の範囲がどれだけ及んでいるかによって手術に必要費用も異なってきます。もし自分の薄毛にはどれだけ移植本巣が必要なのかわからないという人は、専門クリニックで無料カウンセリングを受けてみることで、実際にどれだけ費用がかかるのか算出しやすいのでおすすめです。

アクセス数の多い増毛・植毛

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】アイランドタワークリニック無料相談
>公式ページを見てみる

【植毛】FUERS植毛センターカウンセリング予約
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる日数が知りたい!