植毛におけるfue法とは

植毛は大きく分けるとメスを使用する方法とメスを使用しないで行う方法があります。その方法は移植するドナー採取を確保するところから異なっており、メスを使用する方法に比べてしない方法で行う方が定着率が高いことが特徴です。fue法はダイレクト法とも呼ばれ、メスを使用しないで行う植毛法の一つです。従来のfue法だと、メスを使用して後頭部などの髪の毛を帯状に皮膚ごと取り除いてそのあとは上下の皮膚を縫合して閉じていきますが、傷跡が回復するのに時間がかかったり抜糸をする必要があったり、術後回復しても白く残ってしまうのが難点でした。しかし、fue法はドナー採取を採るところから切開を行わずに確保していきます。まず、後頭部や側頭部などの髪をバリカンなどで短く刈り上げて、医師が目視で確認しながら移植するドナー採取を株ごと取り除いていきます。クリニックによっては専用のチューブパンチで吸引採取していきますが、本来fur法などの場合は帯状に切り取った皮膚片をいくつかの株に分けていく際に、どうしても触れる回数が多くなってしまいます。fue法ならm直接頭皮から吸引してしまうので、株に余計に触ることなくダメージを与えないことから移植した後の生着率が高くなるとされています。移植する際には、小さな穴をまた同じチューブパンチで開けていって埋め込んでいくので、かさぶたにはなりますが傷跡が残りにくいというのが最大のメリットと言えます。特に、傷跡が残ってしまうことが気になる女性にとっては、ほとんど傷が残らないので有効な手段と言えます。ただ、株を直接頭皮から採取するときに、後頭部の毛を刈り上げてしまうので、その後頭部の毛が十分な長さにまで生え揃うには非常に時間がかかるとされています。そのため、専用のヘアシートを手術を受けたクリニックで作成することもあります。かつらやウィッグなどを始めからオーダーメイドすれば最低でも15万ほどかかってしまいますが、ヘアシートなら5万ほどで作成でき、隠したい部位に合わせて専属の美容師さんが上手にカットしてくれるので非常に便利と言えます。あるいは、クリニックによっては刈り上げなくても手術をすることが可能なところもありますので予めそういったクリニックを探して検討するのも良いでしょう。一つ難点を言えば、メスで切開を行わずに植毛をするのには高い技術力が必要となるため、fut法に比べて費用が高くなることをあらかじめ覚えておくようにしましょう。

アクセス数の多い増毛・植毛

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】アイランドタワークリニック無料相談
>公式ページを見てみる

【植毛】FUERS植毛センターカウンセリング予約
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる日数が知りたい!