自毛植毛におけるダウンタイムはどのくらいか

ダウンタイムという言葉は、脂肪吸引や豊胸手術など美容整形においても良く聞かれる言葉ですが、手術を受けた後通常通りに日常生活が送れるようになるまでの期間のことを指します。手術はあくまで医療行為であり、メスで切開したり傷ができたりする場合どうしても避けられないことでもあります。では、自毛植毛においてのダウンタイムはどのくらいになるのか気になるところです。植毛は、薄毛が進んでいるところに後頭部や側頭部などから健康な髪の毛を毛包ごと採取して、それを頭皮に移植していく方法です。手術は麻酔をしっかりかけて行うのと、手作業で行う部分もおいため1000本くらいの移植に1時間ほどかかり、すべての治療が終わるまでには移植する本数にもよりますが4~5時間ほどかかるのが普通です。美容整形でもそうですが、手術時間が長いとその分ダウンタイムも長くかかることが予想されますが、植毛においては非常に短い時間で済むのが特徴です。手術当日は麻酔が良く効いているためボーっとしたりすることもあり、人によってはちくちくした痛みで一晩中眠れなかったり痛痒かったりすることもあるようですが、それでもピークは当日から長くて2日くらいだといわれています。また、重い荷物を運んだりするような体に負担のかかる重労働は難しいですが、デスクワークであれば手術の翌日からでも行うことは可能です。痛みよりもかゆみが強く出るケースが多いとされていて、思い切ってかいてしまうと移植した髪の毛の定着率が悪くなってしまうのでそれも我慢しなければなりませんが、かゆみが出るのも1週間ほどで落ち着いてきます。移植した傷跡やかさぶたになった部分が完全に回復するまでは少し時間がかかりますが、植毛においてのダウンタイムはほとんど気にしなくても良いでしょう。手術の際には麻酔をかけますが局所麻酔であり、また頭皮にしか手術を行わないので全身にかかる負担は少ないといえます。これが人工毛で行う移植である場合には、頭皮が拒否反応を起こしたりうまく定着せずに炎症や頭皮トラブルを引き起こしたりするなど問題が多く、また落ち着くまでダウンタイムも長いのですが、自毛植毛はもともと自分の細胞だった髪の毛を頭皮に移植するので、非常に拒否は反応が少なく定着率も良いとされ、安全性が高いのも自毛による移植ならではこそと言えます。それでもまだ不安に思う人は、専門クリニックでの無料間セリングで一度相談してみるのも良いでしょう。

アクセス数の多い増毛・植毛

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】アイランドタワークリニック無料相談
>公式ページを見てみる

【植毛】FUERS植毛センターカウンセリング予約
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる日数が知りたい!